FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トミーと、ベース。

なんだか、久しぶりです。 
なんか、エラー的な感じで更新できませんでした。

まぁ、何はともあれブログ再開です。

ここで、この僕のベースの歴史を紹介しよう。
IMG_0004_R.jpg

00年某月、友人の紹介でスロットに挑戦、見事初勝利!当時高校生。
浮いたお金で先輩からベースを購入、このときはただやってみようかなという興味本位だけ。

適当に弾いては置きを繰り返し、ほとんど上達しないまま数年間がたつ。

04年某月、一人暮らしをいきなりはじめ、暇つぶしのためにほこりをかぶったベースを手に取る。
思い切って、10万クラスのベースを購入、ちょっと本気になってみる。
が、スケボーによる怪我の手術代や運転免許の取り消し等でお金が必要になりやむなく売却、
しかもそんなにお金になんなかった・・・・。(このころが、私の人生の暗黒時代)

もう、楽器には縁がないと見切りをつけた当時20歳。

それから、二年が経ち、当時付き合っていた彼女と別れ、やることがなくなりなんとなくバンドに誘われる、しかしこのときはボーカル。が、歌の才能がなく、結局ベースをやることになる。
このとき、ベースをもともとやっていたドラムのシンジから3万で購入。
が、やっぱりバンドは活動しないまま解散する。

ここで、ドラムをやっていたシンジと二人でなんかやってやろうと決める、また火がついた瞬間。
仙台にて、ジャズフェスを偶然みかけ、音楽の素晴らしさを体感する、
同時期にフジロックに出演していたレッドホットチリペッパーズを見て衝撃を受ける。

ラップをやっていたツバサに、夜も関係なく音を出せるスタジオを作らないかと誘われ同意する。ちなみに、当時この小屋はほとんど何も使われていなかったので都合がよかったのだ。

約一年かけ、みんなでお金と時間と情熱を注ぎこみスタジオの原型ができる。
このころに、レッドホットチリペッパーズ来日三日間公演の初日の東京ドームに単身乗り込む。
やっぱり衝撃を受け、数日間何も考えられなくなり、結果なぜかミュージックマン・スティングレイをローンで購入。ちなみにこのローンは今月で終わる。

少しずつ機材が増えていき、スタジオの中が充実していく。

h20.9.3023 010_R

最初はサックスを始める予定だったお米屋さんにギターを薦め、後にフェンダー・ストラトキャスター(約二十万)を購入させることに成功する。

ファンク、ブルース、ジャズに少しずつ手をつけ音楽的なバックボーンを広げていく・・・・・。
会津で精力的に活動している「吉村さん」を知人から紹介してもらい、
今後の活動について協力してもらえるようになる。

友人の小元に協力してもらい、スタジオにパソコンとオーディオインターフェイスが導入。
宅録できるようになり、自分のプレイを聞いてやっぱり衝撃をうける。
「なにこれ」
あまりの下手さにビックリ。ベースの役割を重視する重要性を改めて認識する。

現在基本からやり直し中。

以上、私トミーのベース遍歴です。

見てわかるように、まだ始まってもいないです。
いつか、仙台のジャズフェスで受けた衝撃を誰かに与えられるようになりたいのが
当面の目標ですんで、以後精進していきたいと思います。





スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。