FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタープラチナ

IMG_1544.jpg

いやぁ、明日から仕事が始まると思うと憂鬱になるのは最早ヒトの業だね、とうとうきました連休最終日!!
再び仕事三昧の日々に舞い戻るかと思うと気が滅入るけど、そんなこといってらんないのが現実です。

てことで、今日紹介するのが先日某リサイクルショップにて購入した漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のフィギュアです。

左が主人公「空條丞太郎」で、右がそのスタンド「スタープラチナ」
丞太郎が攻撃の意思を持ち、その守護精霊であるスタンドのスタープラチナが攻撃をする場面です。

漫画の内容とキャラクターを説明し始めると、広辞苑くらいの文量になってしまうのであえて省きます。


いやぁ、しかしカッコイイのはやはりこの独特な世界観です、この「ジョジョの奇妙な冒険」の何が魅力かと言われればキャラクターや言葉、設定や画力ももちろんなんですけど、なんといってもやはり特異な世界観と存在感ですね。
この漫画の画を1ページや1コマ見ただけでそれとわかる異様なまでの存在感はまさに神がかり的だし、その世界観は一度はまると抜け出せなくなりそうな独特な癖がある。

これは、音楽や芸術にも共通すると思うけど、たとえばあるアーティストが一音鳴らすだけでその場がそのアーティストの空間なってしまうことがある。巧さや、音の良し悪しなんか関係なしそういうことができる人が確かにいるのだ。

音楽というものに少なからず関わっている以上、いつしかそういう風になりたいものです。


てことで、明日から仕事がんばるぜ。






スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。